報農会は、幅広い事業活動を通して、我が国の植物防疫に関する人材の育成や学術・技術の研究支援、
功績者の表彰、交流の場の提供などを行っている公益財団法人です。




事業の概要




1) 植物防疫専攻者への育英費支給


植物防疫界に優れた人材を送る目的で、大学に在籍する植物防疫専攻者の中から優秀な者若干名に対して育英費を支給して修学を援助している。
本事業開始(昭和36年度)以来、平成24年度までの52年間に本会の育英費を受けた学生数は286(延べ423)に達している。[昭和63年度以降だけでも80(延べ118人)になっている。] 育英費は原則として供与で、支給額は現在の厳しい不況の影響から月額3万円である。

2) 就農希望者への奨学金の供与


農作物の保護(病害虫・雑草防除、農薬)に関心を持ち、農業後継者として科学的知識や技術の習得を目指して各県農業大学校に在籍している者で、優秀な研究を行ったものに対して毎年奨学金を贈呈している。この事業は、全国農業大学校協議会の全面的な協力を得て実施しており、全国の5ブロック5校から1名づつ5名を表彰し、奨学金10万円は賞状とともに在籍学校長から贈呈されている。また、受賞の調査研究報告には、農家子弟奨学金審査委員会の「講評」を今後の農業実践上の参考として本人に送付している。

1) 関係学会等に対する援助

関係学会等が主催する研究会、討論会、小集会、シンポジウム等の特別な行事に対して必要な場合は経費の援助を行っている。昭和63年以降は次の9件があった。昭和36年度以降の総件数は、42件に上る。

2) 国際交流に対する援助

 (1) 国際会議出席者に対する援助

植物防疫に関係する国際会議への出席者で、旅費に自己負担の支出が見込まれる者に対して旅費の一部を援助している。昭和36年創設以降の援助者は延182名に及んでいる。(昭和63年以降の援助者は下記の延64名に及んでいる。)

 (2)海外留学生に対する援助

海外の研究機関に留学する者に対して渡航費の一部を援助している。昭和63年以降の援助者は下記の5名、創設以来の総援助者数は42名になっている。

 (3)外国学者の招聘, 滞在, 国内案内に対する援助

来日海外学者の招聘、短期間の滞在費の一部を関係学会あるいは研究機関等からの申請によって援助し、また国内案内のための案内者の旅費を援助している。昭和62年以降の援助は下記のように13名で、創立以来では162(72名及び2チーム90)に及んでいる。

3) 植物防疫に関する特別な調査研究等に対する援助

わが国の植物防疫事業を推進するための特別な調査研究等について、経費不足の場合、必要と認めたものに対して援助を行う。昭和63年以降は緊縮予算の関係から平成4年度及び平成5年度に下記の調査研究に対して研究費の一部(各年度20万円)を援助したに止まった。


永年、植物防疫事業にたずさわり、病害虫防除体制の確立、業界の発展、地域の植物防疫行政・技術の普及・指導等に功績のあった方々(叙勲褒章、農林水産大臣賞、関係学会賞の受賞者等を除く)の中から毎年3名または5名を選考し、功労賞を贈っている。正賞は賞状および置時計で副賞は10万円である。第3回の昭和63年度以降の受賞者は42名、昭和61年度創設の第1回目からの全受賞者は下記のようで、93名である。


わが国における植物防疫事業の発展を推進するため,植物防疫の学術・技術の研究交流及び普及を図る一環として、昭和61年度(1986年度)から「植物保護ハイビジョン」としてシンポジウム開催実行委員会を中心に毎年公開シンポジウムを開催している。


 
植物防疫に関係する特種な調査や集会の開催を受託し、また植物防疫関係者の個人的な自費記念出版等を受託して、各種行事の実施に便宜を図っている。しかし、本会の人員では労力的な限界もあり、また近年の経済的な不況もあって、これまで下記のように、昭和63年度以降8件の受託になっている。